使うときのポイント

肌が明るくなる

最近では、医療技術の進歩に伴い、気軽に美容外科による整形手術を受ける人が老若男女を問わず、増加しています。その内容は、簡単な医療レーザー脱毛から、たるんだ顔の肌の中にヒアルロン酸等を注入したり、皮膚を切り取るフェイスリフト術と、様々なものがあります。品川美容外科において、このようなフェイスリフト術による美容整形を行った際、手術後にはれや、痛みを感じるとともに、そのことが原因で脱毛などの合併症を引き起こしたため、そのことで訴訟に至った事例があります。品川美容外科は、関東圏を中心として、全国展開している医療機関ですが、脂肪吸引後に患者が嘔吐して、結果的に死に至った事例があります。このような大手医療機関におきましても、美容整形による訴訟事例がありますので、施術を受ける際には、医師から十分な説明を受ける必要があります。そのような配慮を行うことで、品川美容外科で発生したような訴訟を減少することにつながります。

品川美容外科での死亡事故は、この脂肪吸引で死亡した女性が初めてではなく、以前にも死亡事故を起こしています。死亡事故を引き起こして訴訟されますと、病院全体の信用失墜につながります。しかし、病院側では、死亡事故を引き起こした医師を退職させたりすることで、病院との関係を断ってしまいますので、その時の詳細事例が今後に活かされない可能性もあります。品川美容外科は、集団訴訟を起こされることになりましたが、これは、病院側に過失があるのは当然のことです。その一方で、医師から十分な説明を求めなかったことで、美容整形に対するリスク管理が欠如していた受診者側にも、多少なりとも責任があります。今後は、このような品川美容外科での訴訟を踏まえ、受診者と医師とのコミュニケーションを高めることも必要です。そして、病院側は、受診者に対する説明責任を果たすことで、このような訴訟が少なくなるのではないかと思います。